無添加と国産素材にこだわった本格博多とんこつラーメンをご家庭で!

0059 6

無添加と国産素材にこだわった健康志向のラーメンです。国産小麦と国産塩を使用し、「かんすい」の代わりに広島県産牡蠣のカルシウムで仕上げた生麺を、伝統製法「鳥志掛け」で3日間じっくりと熟成乾燥。香りとコシに加え、茹でやすい形状が自慢のノンフライ乾麺です。九州産豚を8時間煮込み、塩であっさり味付けしたコクのあるスープは、無添加麺との相性抜群。お子様から大人まで安心してお召し上がりいただけます。賞味期限(常温300日)も長く、常備食としてもおすすめの本格博多とんこつラーメンをご家庭でお楽しみください。

現在、2人が応援中

  • User avatar
  • User avatar

健康志向の即席麺を作りたい

鳥志商店のある福岡県うきは市は、小麦の一大産地として知られ、ミネラル豊富な阿蘇の伏流水のもと、古くから多くの製麺所が存在する麺どころ。創業大正7年の鳥志商店は、伝統製法「鳥志掛け」を守りつつ、時代に応じた麺を作り続ける製麺所です。

平成8年、激しい競争の中で生き残りをかけると共に、お子様から大人まで安心して食べて欲しいとの思いから国産素材と無添加にこだわった即席麺「博多中華そば・とんこつ」を発売。当時は合成調味料が多く使われることが主流だったため、健康を意識した画期的なラーメンでした。

先代の鳥越邦夫社長の強いこだわりと、先見性が光る「博多中華そば」のシリーズ第一号として発売されたのが「博多中華そば・とんこつ」です。

原料へのこだわり

博多中華そば・とんこつ」のこだわりは、添加物を加えないこと。そして、国産素材を使用すること。

ラーメンの製麺には必須といわれる食品添加物の「かんすい」は使わず、広島産牡蠣由来のカルシウムを代用。アレルギーを考慮し、卵の殻由来のカルシウムは使用していません。塩は沖縄県産小麦粉は、地元福岡産と北海道産のものをブレンドすることで最高のコシを実現しました。

手軽に調理できるよう付属したスープにもこだわりました。鳥志商店は製麺専門店のため、スープの製造業者探しに苦労したそうで、長年付き合いのある業者に先代の熱意を理解いただき、ようやく完成したのが、九州産ヨークシャ種の豚を8時間煮込み、自然塩で味付けしたあっさり味のやさしいスープ。素材のうま味豊かなコクのあるとんこつスープは、無添加麺との相性抜群です。

製麺へのこだわり

博多中華そば・とんこつ」の乾麺は、無添加であることに加え、意匠登録されている「鳥志掛け」で作られることが特徴です。

長い生麺をじゃばらに折り返してゆっくりと乾燥させる「鳥志掛け」は、もともとそうめん作りに用いられていました。麺を曲げることで乾燥には時間がかかりますが、その分熟成が進み、香りとコシが生まれるだけでなく、麺を切らずに茹でやすい長さに調整できる利点があります。

職人技で3日間ゆっくり熟成乾燥させることで、美味しさに加え、保存性と調理性に優れたノンフライ乾麺が完成しました。

博多屋台の味を無添加麺で

化学調味料、着色料、保存料など添加物を一切加えずに作った即席麺「博多中華そば・とんこつ」は、健康志向ラーメンの先駆けとして、発売当初からメディアなどにも取り上げられる大人気商品となりました。

おすすめの食べ方を伺ったところ、「茹で方やトッピングはあくまでお好みです。でも、一緒に野菜をたくさんとってください」とのこと。美味しさを追求するためどうしても塩分が多くなるラーメンには、「一緒に煮てもいい、炒め野菜をのせるもいい」。合わせて野菜を食べてほしいのだそう。

開発の苦労を伺うと、「特にないですよ」と物腰やわらかに笑う先代。今後は、「植物性原料に注目した新商品の開発を目指している」そうで、伝統の技術で味を守り、お客様の健康を思う鳥志商店の精神は、現社長の4代目、鳥越久義氏へと引き継がれています。